次々とカフェやチェーン店が出てくる広島市内(とはいえ、本通付近)では大衆食堂はもはや絶滅危惧種。大好きな食堂がどんどん閉店して、余儀なくランチ難民(すなわち、よくある11時~14時のランチタイムに間に合わなくて空腹で街をさまよう人々、または行けつけのお店がなくなってどこで外食するか悩む人々を指す言葉)となったフードスノブ。しかし、そんな絶望的な状況におかれた自分に一筋の光が。食堂の最後の砦が。その砦は立町の「みよし食堂」である。 ショーケースには色あせた食品サンプル、となりには力強い文字で書かれた手書きメニュー表、そして扉の前では藍色ののれんが風に踊らされている。間休みがないため、いわゆるランチタイムもなく、またまた朝食を抜いて空腹の限界で15時に来店した私にとっては大変ありがたいお店。店内は昭和ちっくでシンプル。裏に一品料理が入ったショーケースもあり、席に着くと店員のかわいらしいおばちゃんが「お水とお茶、どっちがいい?」と聞いてきた。こういうやりとりはなんか和みますね。冬の寒さがまだ残る日曜日の午後。お茶をお願いして、カツ丼を注文。 ここのカツ丼はサービス品で¥550(税込み、味噌汁付き)というコスパ最高&腹ペコさん大喜びの人気メニュー。そして驚くほどスピーディーに提供。大きな丼の中には揚げたてのカツが隠れるほどの黄身と白身がまだらでいい感じにとじた玉子に青ねぎと玉ねぎが・・・!家庭料理の代表、空腹を確実に満たす料理の代表、ザ・カツ丼だ。食堂らしい濃い目の味もまた良い!その濃いつゆがご飯にしみ込んで最後の一粒まで美味しい。もう、箸が止まらない。味噌汁のことをすっかり忘れてた自分は気がつけばカツ丼の半分を平らげた。味噌汁にはわかめとお豆腐がたっぷり入って優しいお味。後ろの席で早めの晩酌を楽しむお客さんが元気よく談笑。店内に昼の情報番組が流れて、平和な午後だ。 定食にラーメン、やきめしにオムライス、そして冬にはカキフライなど、王道な食堂料理が並ぶみよし食堂。食べ終わるとお腹だけではなく、心も満たされた気分。地域のみんなが集まって飾らない美味しいご飯とお酒を楽しむ場所。それこそが食堂の魅力。食堂文化が失われつつ現代の日本よ、その魅力を再発見する時は今!一緒に食堂絶滅を阻止しましょう! みよし食堂 住所:広島市中区立町1-12 営業時間:10時30分~20時< 定休日:年中無休 Tel: 082-247-9990

Continue Reading

街の中心部からほどよい距離をおく東千田公園近くのコーヒーロースター&スタンドAKAM COFFEE WORKS(アーカムコーヒーワークス)。コーヒーに惚れ込んだ店主の松本敦司はコーヒーの道に専念するため、それまで携わっていた仕事を辞め、コーヒーの抽出、焙煎方法まで勉強して去年の5月にAKAM COFFEE WORKSをオープン。 店内に入ってすぐ目に飛び込むのはコーヒーの焙煎機。鮮やかな黄色と銀色が美しく、存在感を醸しながら自家焙煎へのこだわりを物語る。白と黒を基調としたシンプルなデザインの店内で焙煎機のビビッドな黄色や、入り口にさりげなく飾られた観葉植物モンステラのフレッシュな緑色がよく映える。 奥に進むとしっかりとしたカウンターの裏で迎えてくれるのは藍色のエスプレッソマシン。ここのラテはどんな味がするのかな?とわくわくしながらラテを注文。バリスタ松本は一見シャイに見えるが、コーヒーについて聞いてみるとフレンドリーで焙煎の好みや、豆を美味しくいただくタイミングなどコーヒーについて熱く語ってくれて、ラテへの期待が更に高まる。手際よく仕上がったラテはマグカップではなくフランスのカフェラテボウルに似ている白い器に注がれて、エスプレッソとミルクのコントラストだけではなく、器の白とカウンターの黒、トレイとスプーンの暖かみのある木材など全ての色合いが調和されて主役のコーヒーを美しく見せる。 一口飲むとまずは深煎りエスプレッソの華やかな香りと奥深い味が広がって、あとからミルクがその強さを優しく包み込み穏やかフィニッシュに。ここのラテはエスプレッソ多め派、自分のコーヒーへの自信の証だ。松本はコーヒーを熟知してるというよりは、まるで長年の友人のようにコーヒーとの信頼関係を築いてる。豆の性格、長所と短所、クセなどを理解してその豆の良さを最大に引き出して活かす。 広島コーヒーシーンのニューフェイスとはいえ、すでに存在感を発揮して自分の居場所を見つけたAKAM COFFEE WORKS。定期的に手焼きコーヒー焙煎ワークショップ(初級から上級)を開催し、イベント出店や出張コーヒーなど幅広く活躍。ホームページでは自家焙煎コーヒー豆を丁寧にプロフィールして販売もやっていて、お店でバリスタの情熱を形にした一杯を味わうのもよし、おうちでゆっくり楽しんでもよし。営業スケジュールやイベント情報は公式インスタグラムをチェック。 AKAM COFFEE WORKS(アーカムコーヒーワークス) 住所:広島市中区国泰寺1-9-7 営業時間:11:00~20:30 (L.O. 20:00) 定休日:日曜日 Tel: 082-258-5547

Continue Reading

おはようございます、広島モーニングクラブへようこそ。今回は佐伯区のデリカフェボングーテ編。 鮮やかなブルーが印象的な外観のボングーテはクイニーアマンで有名な小さなカフェ。近くにモーニングを提供するお店が多いため、私は佐伯区の八幡を「モーニングのバミューダトライアングル」と勝手に呼んでいる。軽く雨が降る日曜日に訪ねたにもかかわらず、フランス郊外を思わせるカラフルな店内は大賑わい。お代り自由のそば粉パンケーキやフランス料理のクロックマダムなど、モーニングのメニューが多くて、迷った結果、定番の厚切りトーストモーニングをチョイス。さて、会計を・・・と思った瞬間、名物の焼きたてでキラッときらめくクイニーアマンが目に入り、追加でひとつを注文。 番号札を渡されて、好きな角席へ。周りにお客さんがお喋りしながらパンケーキの追加やコーヒーのお代りを注文したり、絞りたてのオレンジジュースを堪能したり、和やかなムード。スピーカーから明るいポップ調にリミックスされた90年代アメリカのラップが。しばらく待つとモーニングが運ばれてきました。 小さなグリーンサラダにちょこっとコーンポタージュ、自家製いちごソースがけのヨーグルトが付いたこのチャーミングなワンプレートの主役はこんがりきつね色に焼かれた厚切りトースト。バターがたっぷりとしみ込まれた上に更にバターがのっけられて、ノーバター、ノーライフならぬ、モアーバター、モアーライフ!サクッと一口食べるともちっりしたパンにバターがじゅわ~と溶け込んで、これぞ厚切りトーストのあるべき食感!パンとバターの黄金比はここにあり。トーストを半分食べ終わるとクイニーアマンが優雅に登場。 クイニーアマンをご存知ない方のために説明しますが、バターたっぷりのデニッシュ生地に砂糖をこれでもかとまぶして焼くと砂糖がキャラメル化(キャラメリーゼ)して、中がベルベットのようにやらかく、外がカリッとベタッと艶やかなフランス菓子です。要するに、全ての要素において完璧な洋菓子である。キャラメリーゼがいい意味で歯にくっついて、コーヒーで流し込むとその甘みがコーヒーを100倍美味しくしてくれる。朝食界の絶対的女王の誕生だ。ちょっとしたアドバイスですが、お店では手を汚さないようにワックスペーパーと一緒に出せれるのですが、これは絶対素手で食べるべき!手にとって、バターや砂糖がいかにも贅沢に使用されていることが直接的に分かるから。サイドメニューにされるのがもったいない、主役でトップスター級のクイニーアマン。今後クイニーアマンモーニング登場しないのかな・・・ それじゃ、また次回の広島モーニングクラブでお会いしましょう! デリカフェボングーテ 住所:広島市佐伯区八幡東3-10-14 営業時間:8:30~17:00(平日)8:30~18:00(土日祝日) モーニング提供時間:8:30~11:00(LO 10:50) 定休日:木曜日 電話番号:082-533-7622

Continue Reading

おはようございます!広島モーニングクラブへようこそ。今回は老舗中の老舗、ツバイG線をご紹介! [English] 1967年創業で広島の最古喫茶店とされるツバイG線は古き良き昭和時代を代表して実に50年以上広島に愛されてる名店。ノスタルジックな低い椅子や各テーブルに置かれた灰皿、時間とともに色あわせてきた壁や天井はその長い歴史を物語る。カウンター裏のマスターでさえ遠慮なくタバコを吸いながら常連客と楽しそうに世間話を交わす。世界的に禁煙のムーブメントが続く中、喫煙OKのお店はよくバッシングされますが、こういう老舗だと不思議と許すし、なんだかチャーミングに思える。 店内に入るとすぐマスターが満面の笑みで「いらっしゃいませ!」と挨拶して、目の前のサイフォン式コーヒーメーカーをじっくり見つめる。ここでモーニングサービスは朝7時からなんとお昼の12時まで提供。4種類の中からやっぱりサンドイッチモーニングを注文。晴れた火曜日の朝だ。周りのお客様が新聞読んだり、タバコをゆっくり吸ったり、コーヒーを飲んだりとそれぞれの平日の朝を楽しんでる。まるで昭和映画からのワンシーンにいるみたいな気分に浸かりながらモーニングを待つ。 まずは空のマグカップが運ばれてきた。喫茶店でしか見かけない、大好きなほどよい厚みのマグカップである。やっぱりここは信頼できるお店だ。次はサイフォンで抽出された淹れたてコーヒーがカップに注がれて、立ち上る甘い香りにうっとり。言っておきますが、サイフォンでコーヒーを淹れるのは簡単なことではない。徹底した温度管理やタイミングなどの専門知識と経験がないと美味しくできません。そんな経験を活かしたG線の一杯は力強く目を覚ませてくれて、これで1日頑張るんだぞ!とマスターからのエールかもしれない。 そしていよいよモーニングが登場。ハムとキュウリのサンドイッチにグリーンサラダと嬉しいベーコン入りの炒り玉子。サンドイッチのパンがトーストされてなかったことがちょっとアレだったけど、典型的な喫茶店サンドイッチの味がして満足。キュウリと千切りキャベツのシャキシャキ感がパンのふんわりした食感によいアクセントになって、からし入りマヨがすべてをピリッと、ビシッとまとめた。こういうワンプレートってどこか家庭的なあたたかい味がする。親が留守の間におじいちゃんやおばあちゃんが作ってくれそうなシンプルだけれども愛情がこもった朝食。お腹を気持ちよく満たしてくれるボリューム、しかも某世界的コーヒーチェーン店の生クリームどっさりコーヒー感なしのインスタ映え狙いドリンクより安いG線のモーニングはのんびりする休日の朝にも、仕事前の平日にも食べたくなる正統派。長年広島の胃袋を満たしてきたモーニングをぜひご賞味ください。 それじゃ、また次回の広島モーニングクラブでお会いしましょう! ツバイG線 住所:広島市中区大手町1-4-30 営業時間:7時~23時(月~土)7時~22時(日祝) モーニング提供時間:7時~12時 年中無休 Tel: 082-247-3410

Continue Reading

スパイスが異常なほど好き。キッチンにパプリカやターメリック、クローブ、カルダモン、出身地メリーランドの名物スパイスブレンド「オールドベイ」など、たくさんのスパイスが棚に入りきれないほどある。だからスパイス愛好家として自信を持って宣言します。スパイスを熟知してるnandiのカレーは期待を裏切らない、本物の味だ。[英語] 食べること大好き仲間と一緒にnandiに到着したのは三連休の中日だった。お店の前で先客5人の男性が仲良くメニューを見ながら今日何にする?とわいわい盛り上がった。nandiはアイボリーの壁にシンプルなお牛さんの絵が印象的な小さなお店である。しばらくすると店内に案内され、厨房がよく見えるカウンター席へ。窓から光が優しく差し込む店内にスパイスのエキゾチックな香りが充満して、スパイス好きにはたまらない。ゆっくりと深呼吸して隣のお客さんが食べてるカレーをふと見るとものすごく美味しそう。カウンター裏で店主がターメリックとマスタードシードで美しい金色に輝くライスを慣れた手つきで皿に盛って次々と注文を作っていく。 メニューに写真と各カレーの特徴をコンパクトに説明する一言が添えられ、悩んだ末に「ふゆのビンダルー」とチャイをチョイス。仲間が定番のバターチキンカレーにやっぱりチャイを。 カウンターから見えるコンロの上に長年使い込まれたナベの中に深いあめ色からバターに少し赤がプラスされた淡い赤茶色のカレーがぐつぐつ言いながら器を待つ。飲食店のナベを見るとそのお店の性格が分かるような気がする。長時間じっくりと火にかけ続けたnandiのナベは黒くて、中には深いコクと上質な油が染みこんでる。ナベこそが信頼できるお店の証。 深い赤みのあるあめ色が白い器に映えるふゆのビンダルーにはスプーンで切れちゃうほどほろほろに柔らかく煮込んだブタ肩ロースの塊が入って、細かくみじん切りされたにんにくや玉ねぎがルゥにとろみとほどよいざらつきをプラスして、ちょっと固めに炊いたライスとの相性が抜群。甘味と辛味を美しく調合した絶妙なスパイスバランスがお酢で更にコク深く。カレーを一口食べてからはライスを頬張る、またカレーとライスを一緒に食べて、次は添えられた自家製の漬物を、と味の変化を愉しむ。カレーが来るまで喋りっぱなしだった私と仲間を一瞬で無言にしたこのカレーの美味しさよ。 そしてチャイがやってきた。言っておくけど、私はチャイにかなりうるさい人間です。市販のチャイに不満と怒りを覚えた私は自らスパイスを調達して納得いくチャイが作れるまで長年試作を繰り返し、やっと満足するチャイの作り方に成功。しかし相手はnandiだ。あの衝撃的に美味いビンダルーを生み出したnandiなら大丈夫だと、期待してもいいんだよと思った。しかし私は間違った。かわいいエナメルポットで出されたnandiのチャイは私の期待を遥かに超えた。軽々と超えやがった。ガラスに注ぐそのキャラメル色のチャイにはシナモンやしょうが、クローブなどの香りがパッとはじけてから甘い余韻を残す。こんなにも完璧な最後はあるのだろうか?参りました。 小町の一角にスパイスが漂う場所がある。スパイス愛好家も、カレー好きも集う聖地が。余計なことはしない、余計なものを入れない、本物にこだわり続けるお店nandiがある。 ん?バターチキンカレーの話はって?それはね、無論美味しかったよ。でもその感想はあえて載せない。それは食べてみれば分かるからさ。ほら。行ってみ。感動させるカレーが待ってるよ。 nandi 住所:広島市中区小町6-20 営業時間:11時~22時(木曜日はカレーがなくなり次第終了、詳しくはFacebookをチェック) 定休日:月曜日(営業スケジュールもFacebookでチェック) Tel: 082-249-4511

Continue Reading

うどん屋のステレオタイプを全て覆す、新感覚のハイセンスうどん屋、太閤うどん。[英語] ガラス張りの外観に打ちっぱなしのコンクリート壁、明るい木材のカウンターや真っ白なタイルの内装がお洒落なカフェを思わせる。うどん屋の定番であるきつねうどんや肉うどんはもちろん、カルボナーラうどんやカレーの名店nandiとのコラボうどん、キーマカレーうどんなど、現代風のアレンジうどんも豊富。牡蠣おじやうどんなど季節限定メニューもあって、今日は何があるかな?とワクワクさせてくれる。麺は全て手打ち、そして地産地消に積極的に参加してる太閤うどんでは産地や協力農園などの情報をメニューに載せるほどのこだわりっぷり。 本日は広島産の鶏肉と4種類のキノコが入った『とりとキノコのチャウダーうどん』をチョイス。 淡いみどりのネギや鮮やかな赤の食用花びらで飾られたスタイリッシュな器が目を引く完璧なビジュアルを誇るアレンジうどんが運ばれてくるとすぐ、目の前で削られるパルメザンチーズがひらひらと雪のように舞う。まろやかな生クリームをベースにしたスープに厚切りベーコンと鶏肉の出汁が加わり、絶妙な塩気を生み出す。ネギのシャキシャキ感、キノコの歯ごたえ、鶏肉の弾力、そしてうどんのつるっとしたもちっり感。一杯で4つの食感が美味しいハーモニーを作り、最後の一滴まで楽しませてくれる。昔ながらのうどん屋さんというイメージを変えようとして、洋食のお店に負けない現代に通用する美意識高い太閤うどんの店作りに感激して、さらにその本格的な味に感動。定番が食べたい人も、ちょっと変わった一杯にチャレンジしたい人もきっと喜ぶ、進化し続ける広島市にふさわしいうどん屋である。 太閤うどんの公式インスタグラム(@taikoudon.hiroshima)やホームページ、Facebookなどぜひチェックしてみてね!   太閤うどん 住所:広島市中区中町6-30 営業時間:11時~15時、17:30~22時 定休日:月末最終日(年末年始除く Tel: 082-258-3447  

Continue Reading

  朝から静かにモーニングを食べる場所ってありそうでなかなかない。 十日市の電停から徒歩数分、路地裏にひっそりとたたずむ「喫茶めくる」     普段は慌ただしい出勤前の朝も、たまには早起きして、ゆとりを持って1日を始めたいものです。 喫茶めくるの由来も、本をめくったり、スケジュール帳をめくったり、 新聞をめくったり、喫茶店でおいしいゴハンとおいしいオヤツで、ゆっくりと過ごしてもらいたい、 という思いを込めて「ゴハンとオヤツ 喫茶めくる」と付けられたのだとか。     いただいたモーニングとコーヒーが優しく沁みます。 ちなみに、モーニングは8:00~10:30ラストオーダー。     ランチも日替わりで選択肢がたくさんあるので嬉しい。 オヤツも別腹でいくらでも入りそうなものがたくさんメニューにありました。 市内から平和公園の川沿いをお散歩しながら、ふら〜と一息どうでしょう?^^   __________________ 喫茶めくる 住所:広島市中区十日市町1-6-29 電話番号:082-296-9023 営業時間:8:00~18:00 定休日:毎週水曜日 / 第1、第3、第5日曜日  ※不定休なので、お店のFacebookで事前のチェックをオススメします。 ウェブサイト:http://www.mequl.jp  …

Continue Reading

赤十字病院からほど近い千田町にある「讃岐うどん こむぎ」は、気さくなご夫婦が切り盛りする小さなうどん屋さん。讃岐うどんを専門に扱っており、新鮮な天然素材の使用にこだわっている。

Continue Reading