広島初のラテアート大会を開催することやコーヒーと美への強い想いを抱く新天地にあるProgress(プログレス)はその名の通り、広島コーヒーシーンの中で現在進行形。[英語]

広島ではなく、海外の街並みにもありそうなお洒落な外観。ドアガラスにはいきいきとした白いイラストが目を引く。1階のバーカウンターでエスプレッソとミルクを美しいラテに変身させるバリスタの職人技が間近で見える。2階のテーブル席はドライフラワーに囲まれた明るくてナチュラルな空間でのんびり過ごせる。このフォトジェニックで暖かみのある店内デザインが2色のラテアートの美しさをより引き立たせて、写真の背景にもばっちりだ。

スタンダードなラテやフラットホワイト、カプチーノ、ドリップコーヒー、そして季節限定ドリンクなどたくさんのメニューがある中、今回はプログレスオリジナルのブラックラテをチョイス。ラテと一緒にプログレスのパティシエ井口 梢さんの気まぐれデザート、りんごのシュークリームも注文。

となりのお客さんが注文したブラックラテを始めて見た時、一目ぼれした。ほどよい厚みのマグカップの真っ白な淵に囲まれた、バリスタ田中裕土さんの繊細な白黒ラテアートがもはや芸術作品。プログレスのコーヒーと美へのこだわりを象徴する一杯だ。ラテの特徴である墨のような黒色の正体は企業秘密だそうですが、もしかして竹墨かな?と思わすようなさっぱりと飲みやすい味わい。ほかのラテと同量のエスプレッソが入ってると思わないほどマイルドですっきりブラックラテはコーヒー初心者も上級者も楽しめるここでしか味わえないユニークでクセになる美味しさ。

個性を感じるコーヒーには個性を感じるスイーツを。軽やかなシュー生地がカスタードや生クリームに負けないように、上のクッキー生地が歯ごたえをプラスしながらシュー全体をサクッとしっかりさせる。そしてこの黄金に輝くりんごのコンフィチュールよ。りんご本来の甘みと酸味を存分に活かせたこの華やか且つ優雅な味わいよ。毎日食べたい。今すぐに食べたい。なめらかなカスタードとふんわりした生クリームと組み合わせると、シンプルだからこそ分かるパティシエ井口の食へのこだわりと洗練されたセンスが輝く。まさに至福の時。

味ではなく、見た目ばかり気にするお店が増える中、見た目はもちろん、味も技術も美しくあるプログレスはこれからも広島のコーヒーシーンに更なる進化と刺激を与えていく。

インスタグラムでフォローして、ホームページもぜひチェックしてみてください!

Progress

住所:広島市中区新天地1-15

営業時間:13時~翌2時

定休日:火曜日、不定休

Tel: 082-244-0170

One Reply to “現在進行形のコーヒー店:プログレス”

Leave a Reply