おはようございます!広島モーニングクラブへようこそ。今回は老舗中の老舗、ツバイG線をご紹介! [English] 1967年創業で広島の最古喫茶店とされるツバイG線は古き良き昭和時代を代表して実に50年以上広島に愛されてる名店。ノスタルジックな低い椅子や各テーブルに置かれた灰皿、時間とともに色あわせてきた壁や天井はその長い歴史を物語る。カウンター裏のマスターでさえ遠慮なくタバコを吸いながら常連客と楽しそうに世間話を交わす。世界的に禁煙のムーブメントが続く中、喫煙OKのお店はよくバッシングされますが、こういう老舗だと不思議と許すし、なんだかチャーミングに思える。 店内に入るとすぐマスターが満面の笑みで「いらっしゃいませ!」と挨拶して、目の前のサイフォン式コーヒーメーカーをじっくり見つめる。ここでモーニングサービスは朝7時からなんとお昼の12時まで提供。4種類の中からやっぱりサンドイッチモーニングを注文。晴れた火曜日の朝だ。周りのお客様が新聞読んだり、タバコをゆっくり吸ったり、コーヒーを飲んだりとそれぞれの平日の朝を楽しんでる。まるで昭和映画からのワンシーンにいるみたいな気分に浸かりながらモーニングを待つ。 まずは空のマグカップが運ばれてきた。喫茶店でしか見かけない、大好きなほどよい厚みのマグカップである。やっぱりここは信頼できるお店だ。次はサイフォンで抽出された淹れたてコーヒーがカップに注がれて、立ち上る甘い香りにうっとり。言っておきますが、サイフォンでコーヒーを淹れるのは簡単なことではない。徹底した温度管理やタイミングなどの専門知識と経験がないと美味しくできません。そんな経験を活かしたG線の一杯は力強く目を覚ませてくれて、これで1日頑張るんだぞ!とマスターからのエールかもしれない。 そしていよいよモーニングが登場。ハムとキュウリのサンドイッチにグリーンサラダと嬉しいベーコン入りの炒り玉子。サンドイッチのパンがトーストされてなかったことがちょっとアレだったけど、典型的な喫茶店サンドイッチの味がして満足。キュウリと千切りキャベツのシャキシャキ感がパンのふんわりした食感によいアクセントになって、からし入りマヨがすべてをピリッと、ビシッとまとめた。こういうワンプレートってどこか家庭的なあたたかい味がする。親が留守の間におじいちゃんやおばあちゃんが作ってくれそうなシンプルだけれども愛情がこもった朝食。お腹を気持ちよく満たしてくれるボリューム、しかも某世界的コーヒーチェーン店の生クリームどっさりコーヒー感なしのインスタ映え狙いドリンクより安いG線のモーニングはのんびりする休日の朝にも、仕事前の平日にも食べたくなる正統派。長年広島の胃袋を満たしてきたモーニングをぜひご賞味ください。 それじゃ、また次回の広島モーニングクラブでお会いしましょう! ツバイG線 住所:広島市中区大手町1-4-30 営業時間:7時~23時(月~土)7時~22時(日祝) モーニング提供時間:7時~12時 年中無休 Tel: 082-247-3410

Continue Reading

スパイスが異常なほど好き。キッチンにパプリカやターメリック、クローブ、カルダモン、出身地メリーランドの名物スパイスブレンド「オールドベイ」など、たくさんのスパイスが棚に入りきれないほどある。だからスパイス愛好家として自信を持って宣言します。スパイスを熟知してるnandiのカレーは期待を裏切らない、本物の味だ。[英語] 食べること大好き仲間と一緒にnandiに到着したのは三連休の中日だった。お店の前で先客5人の男性が仲良くメニューを見ながら今日何にする?とわいわい盛り上がった。nandiはアイボリーの壁にシンプルなお牛さんの絵が印象的な小さなお店である。しばらくすると店内に案内され、厨房がよく見えるカウンター席へ。窓から光が優しく差し込む店内にスパイスのエキゾチックな香りが充満して、スパイス好きにはたまらない。ゆっくりと深呼吸して隣のお客さんが食べてるカレーをふと見るとものすごく美味しそう。カウンター裏で店主がターメリックとマスタードシードで美しい金色に輝くライスを慣れた手つきで皿に盛って次々と注文を作っていく。 メニューに写真と各カレーの特徴をコンパクトに説明する一言が添えられ、悩んだ末に「ふゆのビンダルー」とチャイをチョイス。仲間が定番のバターチキンカレーにやっぱりチャイを。 カウンターから見えるコンロの上に長年使い込まれたナベの中に深いあめ色からバターに少し赤がプラスされた淡い赤茶色のカレーがぐつぐつ言いながら器を待つ。飲食店のナベを見るとそのお店の性格が分かるような気がする。長時間じっくりと火にかけ続けたnandiのナベは黒くて、中には深いコクと上質な油が染みこんでる。ナベこそが信頼できるお店の証。 深い赤みのあるあめ色が白い器に映えるふゆのビンダルーにはスプーンで切れちゃうほどほろほろに柔らかく煮込んだブタ肩ロースの塊が入って、細かくみじん切りされたにんにくや玉ねぎがルゥにとろみとほどよいざらつきをプラスして、ちょっと固めに炊いたライスとの相性が抜群。甘味と辛味を美しく調合した絶妙なスパイスバランスがお酢で更にコク深く。カレーを一口食べてからはライスを頬張る、またカレーとライスを一緒に食べて、次は添えられた自家製の漬物を、と味の変化を愉しむ。カレーが来るまで喋りっぱなしだった私と仲間を一瞬で無言にしたこのカレーの美味しさよ。 そしてチャイがやってきた。言っておくけど、私はチャイにかなりうるさい人間です。市販のチャイに不満と怒りを覚えた私は自らスパイスを調達して納得いくチャイが作れるまで長年試作を繰り返し、やっと満足するチャイの作り方に成功。しかし相手はnandiだ。あの衝撃的に美味いビンダルーを生み出したnandiなら大丈夫だと、期待してもいいんだよと思った。しかし私は間違った。かわいいエナメルポットで出されたnandiのチャイは私の期待を遥かに超えた。軽々と超えやがった。ガラスに注ぐそのキャラメル色のチャイにはシナモンやしょうが、クローブなどの香りがパッとはじけてから甘い余韻を残す。こんなにも完璧な最後はあるのだろうか?参りました。 小町の一角にスパイスが漂う場所がある。スパイス愛好家も、カレー好きも集う聖地が。余計なことはしない、余計なものを入れない、本物にこだわり続けるお店nandiがある。 ん?バターチキンカレーの話はって?それはね、無論美味しかったよ。でもその感想はあえて載せない。それは食べてみれば分かるからさ。ほら。行ってみ。感動させるカレーが待ってるよ。 nandi 住所:広島市中区小町6-20 営業時間:11時~22時(木曜日はカレーがなくなり次第終了、詳しくはFacebookをチェック) 定休日:月曜日(営業スケジュールもFacebookでチェック) Tel: 082-249-4511

Continue Reading

うどん屋のステレオタイプを全て覆す、新感覚のハイセンスうどん屋、太閤うどん。[英語] ガラス張りの外観に打ちっぱなしのコンクリート壁、明るい木材のカウンターや真っ白なタイルの内装がお洒落なカフェを思わせる。うどん屋の定番であるきつねうどんや肉うどんはもちろん、カルボナーラうどんやカレーの名店nandiとのコラボうどん、キーマカレーうどんなど、現代風のアレンジうどんも豊富。牡蠣おじやうどんなど季節限定メニューもあって、今日は何があるかな?とワクワクさせてくれる。麺は全て手打ち、そして地産地消に積極的に参加してる太閤うどんでは産地や協力農園などの情報をメニューに載せるほどのこだわりっぷり。 本日は広島産の鶏肉と4種類のキノコが入った『とりとキノコのチャウダーうどん』をチョイス。 淡いみどりのネギや鮮やかな赤の食用花びらで飾られたスタイリッシュな器が目を引く完璧なビジュアルを誇るアレンジうどんが運ばれてくるとすぐ、目の前で削られるパルメザンチーズがひらひらと雪のように舞う。まろやかな生クリームをベースにしたスープに厚切りベーコンと鶏肉の出汁が加わり、絶妙な塩気を生み出す。ネギのシャキシャキ感、キノコの歯ごたえ、鶏肉の弾力、そしてうどんのつるっとしたもちっり感。一杯で4つの食感が美味しいハーモニーを作り、最後の一滴まで楽しませてくれる。昔ながらのうどん屋さんというイメージを変えようとして、洋食のお店に負けない現代に通用する美意識高い太閤うどんの店作りに感激して、さらにその本格的な味に感動。定番が食べたい人も、ちょっと変わった一杯にチャレンジしたい人もきっと喜ぶ、進化し続ける広島市にふさわしいうどん屋である。 太閤うどんの公式インスタグラム(@taikoudon.hiroshima)やホームページ、Facebookなどぜひチェックしてみてね!   太閤うどん 住所:広島市中区中町6-30 営業時間:11時~15時、17:30~22時 定休日:月末最終日(年末年始除く Tel: 082-258-3447  

Continue Reading